世話になったな…

2018/04/04 Wed 16:32

 先日、往診中に「先生、以前は世話になったな」と声をかけていただけました。
昨年、入院中のご高齢の女性を、どうしても自宅で看取りたいからと依頼を受け、
ご自宅で看取らせていただいた方の息子さんでした。
息子さんは 「まだ、しょっちゅう、墓に行っている」とボソリとおっしゃられました。

「看取り先生の遺言」という本があります。
静岡県立総合病院に呼吸器外科を開き、その後故郷の東北で緩和ケアをなさった岡部健先生が、
自ら癌になられ、60歳で亡くなられました。岡部先生のお言葉の本がこの「看取り先生の遺言」です。
その中に次のような文章があります。
「長い間、緩和ケアという仕事をやってきていながら、いざ自分が癌患者に なってみると、どのように闇に降りていけばいいのか、その道しるべが全くないことに愕然としたのである。痛みをとる治療や心のケアや、生きる事ばかりで、死に逝く人の道しるべが無い。見送る先があってこそ緩和ケアなのに、闇に降りていく道しるべを示せなければ、本当の意味の緩和ケアなどできないのではないか。」

「道しるべ」
探していきたいです。
未分類 | コメント(0)
今朝の新聞に、次のような文章をみました。

「 【三つ目の耳を持ち、彼ら(患者たち)が言っていることでなく、言わないでいること(言えないでいること)を聴きなさい。】(ジョアン:緩和ケア専任ナース)
英国のホスピスで「死を支える」ことの意味についてナースはこう述べた。
苦しみは何より忘れたいもの、消したいもの、語るのが辛いもの。だから、苦しむ人のその引きこもりごと聴かねばならない。これは「生を支える」場面でも言えること。」

この記事を読んで、私の大好きな詩人、星野富弘さんの詩(たんぽぽ診療所の語源も、この星野さんの「たんぽぽ」という詩からです)に「二番目に言いたいことしか」を思い出しました。
「二番目に言いたいことしか  人には 言えない
  一番言いたいことが  言えないもどかしさに耐えられないから
  絵を書くのかも知れない  うたをうたうのかも知れない
  それが言えるような気がして  人が恋しいのかも知れない」   星野富弘『風の旅』より

私が癌の末期の、まだお若い方の往診に伺った時、
ちょっとご家族が席をはずした隙に、
ご本人が「もう、生きているのが辛いから、辛いから…」と涙ながらに何度も繰り返されたのが忘れられません。

「人に言えないこと」
私の心にも…。そして、どの方の心にも…。
未分類 | コメント(0)

深い悲しみの中にある人

2018/03/18 Sun 20:22

 深い悲しみの中にある人と話をさせていただくと
私自身の「思いの浅さ」に愕然とします。
深い悲しみの中にある人のコトバは「本当のコトバ」です。
「思いの浅い私」はその本当のコトバの前に、何も返すことができない…
 私が尊敬する神谷美恵子の詩に次のような「コトバ」があります。

「あなたは黙っている。
かすかに微笑(ほほえ)んでさえいる。
ああしかし、その沈黙は、微笑みは
長い戦いの後にかち得られたるものだ。

何故私たちでなくてあなたが?
あなたは代って下さったのだ、
代って人としてあらゆるものを奪われ、
地獄の責苦を悩みぬいて下さったのだ。

許して下さい、
浅く、かろく、生の海の面に浮かび 漂うて、
そこはかとなく神だの霊魂だのと
きこえよき言葉あやつる私たちを。

かく心に叫びて首(こうべ)たるれば、
あなたはただ黙っている。
そして傷ましくも歪められたる顔に、
かすかなる微笑みさえ浮かべている。」

私も、深い悲しみの中にある人の前で
「許してください」というコトバしか、発することができません…

未分類 | コメント(0)

森典子先生と石飛幸三先生

2018/03/05 Mon 22:16

 先日、静岡県立総合病院で『End of life careを考える会 ~自らのEnd of life lesson~』が開かれました。私が敬愛する同病院副院長の森典子先生とご一緒に「平穏死」で有名な石飛幸三先生をお招きいたしました。森先生と私は同じ腎臓内科医で、森先生には30年間、ご指導を受けています。森先生は全国的にもご高名な先生なのに、本当に親しみやすく、私の大好きな先生です。石飛先生は「平穏死」という言葉を提唱され(「平穏死」については石飛先生の御著書「平穏死のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか?」をどうぞお読みください)、NHKのテレビなどにもご出演されますので、ご存知の方も多いでしょう。私は4年前に石飛先生と初めてお会いした時に「私(遠藤)は、「平穏死」に共鳴はしますが、私自身が死ぬことが怖く、自分に「平穏死」を選択する覚悟ができていません」とお伝えしました。すると石飛先生は「遠藤君はもうすぐ50歳、私は80歳。君も私の年になればわかるよ。それまで色々あるよ」とおっしゃってくださいました。あれから4年経ちましたが、私はやはりまだ覚悟ができません。しかし、石飛先生の最近出された御本に「平穏死を受け入れるレッスン」というのがあります。その中で石飛先生は、私の大好きな星野富弘の詩を取り上げています。(星野富弘の「たんぽぽ」という詩からたんぽぽ診療所の名前が決まりました)
〈いのちが一番大切と思っていたころ
生きるのが苦しかった
いのちより大切なものがあると知った日
生きているのが嬉しかった〉
という詩ですが、さらに石飛先生の言葉が続きます。
「私は一人の人間として、いのちより大切なものに気づくことができました。わが人生に悔いなし、です。そしてまだ私の人生は続いています。」

これからの私(遠藤)のまた課題が示されました。
「いのちより大切なもの」…これを探求してまいります。

石飛先生の講演会の後、森先生の行きつけのお店で、石飛先生と森先生と県立総合病院の看護師さんと一緒に食事ができました。とても楽しいひと時でした。
未分類 | コメント(0)

秘めた悲しみ

2018/02/07 Wed 21:02

 大切な娘様を、病いで亡くされた女性がおいでになりました。
その娘様の診療に私も少しだけ関わらせていただきました。
おいでになった女性(お母様)にお掛けする言葉もなく…
しかし、
その女性は感情をあらわにするわけでもなく
「先生、娘が本当にお世話になりました」と。

「秘めた悲しみ」
以前、ご紹介しましたが、私の愛読書「生きがいについて」より、こんな詩をご紹介します。

焼き場で骨を拾う時、
骨壺を抱えて帰る時、
墓の前にたたずむ時、
愛する者の存在が
ただそこにある「もの」だけになってしまったとは
どうしても思えない。
遺された者の心は故人の姿を求めて、
理性とは無関係にあてどもなく、
宇宙のはてばて まで探しまわる。
今にも姿がつかまえられそうな、
声がききとれそうな、
そのぎりぎりのところまで行って
むなしく戻ってくるくやしさ。
         (「生きがいについて」p105)
未分類 | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »