真実を求めて

2021/01/03 Sun 11:50

 昨年暮れより病いが悪化している方がいました。
脳梗塞後にて長い間私が在宅診療をしている男性です。
奥様と娘様が本当によく看病なさっておられました。
しかし・・・最期の時が近づいていました。
心配でしたので、元旦も診察に伺いました。

1月3日の今朝、静かにご逝去されました。
看取りの時、奥様は「お父さん、お父さん」とさすりながらお声をかけています。
娘様は声にならない声で、悲しみにじっと耐えています。
その場に私は佇みながら、「ここにこそ、真実がある」と感じていました。

「よろこびが集まったよりも 悲しみが集まった方が
しあわせに近いような気がする

強いものが集まったよりも 弱いものが集まった方が
真実に近いような気がする

しあわせが集まったよりも ふしあわせが集まった方が
愛に近いような気がする」    星野富弘

私の大好きな詩です。
今年も「真実を求めて」歩んでいきたいです。

関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
 | HOME | 2021年へ »