永遠の世界での新しき邂逅

2019/06/15 Sat 22:44

 犬吠埼の南の海上で海難事故がありました。テレビでそのニュースを何気なく見ていた私は、亡くなられた方の名前を見た時、自分の目を疑いました。私の知っている方のお名前だったのです。ご夫妻でたんぽぽ診療所におかかりで、奥様は本当にステキな方です。ご主人様は、外観は「海の男」そのもので、屈強なお体をされています。(もちろんお体は丈夫なので、風邪をひかれて当院にかかられるのも滅多にありませんでした。)しかしお人柄は本当に穏やかで、ニコッと笑われるお顔がとても素晴らしく私が尊敬し、また大好きな方です。
その方のお名前を「事故で亡くなられた方…」に見た時、私の眼は画面にくぎ付けになりながら、画面の周囲の視野がどんどん狭まっていくのを感じていました。「なぜなぜなぜ…」と私の心の中で、私が叫び続けています。
翌日、同姓同名の人違いであってくれたら…と思いつつ、ご自宅を訪ねると、初対面の息子様が玄関に出てくださり、私が「昨日、ニュースを見て、もしやと…」と言いかけると、悲しそうに頷かれました。そのあと、奥様がお出で下さり、居間にお帰りになっているご主人様のご遺体に会わせてくださいました…。

今、私が読んでいる本に次のようなコトバがありました。
「愛する者と死別する。それは永遠の別離ではなく、むしろ、けっして消え去ることのない永遠の世界での新しき邂逅の幕開けではないだろうか。」
(若松英輔著「種まく人」p66)



関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示