一年の計は元旦にあり

2019/01/01 Tue 23:35

明けましておめでとうございます。
2019年元旦です。
今年は日記をつけようと思い、このような題にしてみました。
(しかし三日坊主で終わらないように…)

昨年終わり頃より、私が高校生から医学生だったころつけていた日記を三十数年ぶりに読み返しました。そこには「自分に何も頼るものが無くなっても、それでも幸せを感じることができたら…」という文章が何度も書かれています。医学部の学生だった頃、金はなく、不安定で、悩みごとばかりだった…(今も悩んでばかりですが…)。そんな時「自分に何も頼るものが無くなっても、それでも幸せを感じることができたら…」という願望が生まれました。そして「自分に何も頼るものが無い」というのは「死ぬ時だろう」と思い、出来立ての聖隷三方ヶ原ホスピスに勉強に行ったりしました。確かに金もなく、不安定な日々でしたが、精神的にはとても豊かだったような気が当時の日記を読みながら感じます。(当時、恩師の先生から「自分の車を磨くなら、自分の心を磨きなさい」と言われ、車を持てなかった私は、かえってこの言葉に救われました…医学部のあった山梨は車がないと生活が不便で、同級生の多くが車を持っていました。)今回日記をまたつけようと思ったのは、今一度、自分の心、魂を磨きたいと思ったからです。
三日坊主にならないように、三日に一度か週に一度でも書いていこうと思っています。
よろしかったら皆さんもご一緒に「心・魂を磨きませんか?」
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示