犬の十戒

2018/11/28 Wed 18:12

 今年は戌年。もうまもなく終わってしまいます。私は昨年3月より犬を飼い始めて、まわりの愛犬家の方々より「犬の十戒」というのを教えていただきました。とても大好きな文章ですので、ご紹介しましょう。

犬の十戒
第一戒:私の生涯はだいたい10 年から15 年です。あなたと別れるのは何よりもつらいのです。私と暮らし始める前に、どうか別れのことを考えておいてください。

第二戒:あなたが私に望むことを理解するまでには、少し時間がかかります。

第三戒:私にとって一番大事なことは、あなたから信頼してもらえることです。

第四戒:私のことを長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたにはあなたの仕事や楽しみもあり、友達だっているでしょう。でも、私にとってはあなたがすべてなのです。

第五戒:私にちゃんと話しかけてください。あなたの話している言葉の意味はわからなくても、話しかけてくれるあなたの声はよくわかるのです。

第六戒:あなたが私にどんなふうにしてくれたか、それを私は絶対に忘れません。

第七戒:私をたたいたりする前に、私はあなたを噛んだりしていないことを思い出してください—私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに。

第八戒:私が言うことを聞かないと怒る前に、なにか原因があるのではないかと考えてみてください。食事はちゃんとしているか、かんかん照りの日なたに置き去りにしてないか、年を取って体が弱ってきていないか、と。

第九戒:私が年を取ったら、どうか優しく世話をしてください。あなただって、年老いたら同じようにそうなるのですから。

第十戒:私が旅立つその時を安らかに迎えられるように、どうか最期まで一緒にいてください。「かわいそうで見ていられない」なんて言わないで、私を独りぼっちで逝かせたりしないでほしいのです—だって、私はあなたが大好きなんですから。

第七戒とかは犬特有と思いますが、それ以外は人間にも通じるものがあると思い、ほぼ毎日読んでいます。

 ある高齢の男性を看取りました。重い病いでこれまで入退院を繰り返していて、私のところに在宅診療の依頼が来て診始めた方です。次第に全身状態が悪化していく中、まわりの人は「看病している奥様が耐えられなくて、また救急車を呼んでしまうのではないか・・・」と心配していました。私も関わる中で、一人で看病している奥様が、耐えられずに病院へご主人を搬送して欲しいと希望されても何も責められないと思っていました。しかし今回は奥様が、ご主人様の死を受け入れ、ご自宅で看取られました。私の最期の診察の時、奥様が涙を浮かべ、じっと悲しみに耐えている姿が忘れられません。
私は「十戒」の第十戒をかみしめていました。
「私が旅立つその時を安らかに迎えられるように、どうか最期まで一緒にいてください。「かわいそうで見ていられない」なんて言わないで、私を独りぼっちで逝かせたりしないでほしいのです—だって、私はあなたが大好きなんですから。」


関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示