畏友 太田宏人

2018/05/29 Tue 22:37

 先日、友人が亡くなりました。次のような訃報が届きました。

「長い間闘病されていた太田宏人さんが48歳で亡くなられました。仏教系のライターとして、東日本大震災の支援を機に出家なさって臨床宗教師、内観療法者、終活カウンセラーなど幅広く活躍されていました。太田さんの支援活動は常に手の行き届かないところに手を伸ばすというものでした。3.11直後支援も入らず瓦礫と遺体が放置されていたいわきへほぼ裸一貫バイクで向かい、被爆を厭わず回収作業傍ら現地からSOSを発信されました。女川町出島では、お寺がいち早く避難してしまい途方に暮れていた高齢者の精神的支援を行い、その風貌からお坊さんと間違われたことから発心され、ほんとうの縁によって曹洞宗の僧侶となられました。
熊本の震災では、誰も手を出そうとしなかった避難所のトイレ掃除を毎回一心に行われ、その活動を知る多くの者に感銘を与え、「トイレの仏様」として尊敬される日本では全く稀有なお坊さんとなられました。
太田さんの闘病は、2014年、被爆の影響を考えざるを得ない胸腺腫という稀な癌になられたことに始まります。しかし病状は既に進行しておりいろんな化学療法を試みられましたが、約半年間の入院闘病の末、息を引き取られました。」

 私と太田さんとのご縁は10年以上にわたり、私の事を本に書いてくださったり、太田さんの連載物に取り上げてくださったり…。なにより、私が父の看病でどん底を味わっていた時、私の心の拠り所に太田さんはなってくださいました。

 太田さんの訃報に接した日、私の息子が「友」という歌を口ずさんでいました。次のような歌詞です。
「友 今君が見上げる空は どんな色に見えていますか?
友 さようならそしてありがとう 再び会えるその時まで
同じ空の下 どこかで僕たちは いつも繋がっている…」
あふれ出る涙が止まりませんでした…。
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示