ファシリティドッグ

2018/05/18 Fri 23:17

「ベイリー、大好き(セラピードッグと小児病院のこどもたち)」という本を読みました。
この本の副題は「セラピードッグ」となっていますが、病院などの同じ施設にずっといて、人々に愛情と安らぎを与える犬の事をファシリティドッグというようです。静岡県立こども病院に2010年よりファシリティドッグとして活躍したベイリーという犬の事を書いた本が「ベイリー、大好き」です。この本にはベイリーのステキな写真と共に次のような文章もあります。(こども病院で働く看護師さんの言葉です)「血液腫瘍化に入院した患者さんのご家族は、病名を告げられると強いショックを受けます。面談室で涙ぐむご両親に、私たも(はげまさなくては)と思うし、逆にご両親も(なにか話さないと)と、お互い気をつかうんですね。でも、そのあとベイリーにきてもらうと、そこからは言葉がなくてもいいんです。ベイリーは、相手のつらい気持ちを受けとめるかのように、ただ見つめて、気持ちに寄り添うようにいる。そうすると、ベイリーを抱きしめて泣いてくれるお母さんもいます。こどもさんの前で泣くわけにいかないので、ここで思い切り泣いてもらったほうがいい。ベイリーは抱きしめるとあったかいので、よけいやすらぐんでしょうね」(p130)「言葉がなくてもいいんです」「抱きしめるとあったかいので」、いずれも悲しみのケアの真髄だと思います。現在はベイリーは神奈川県立こども医療センターにおいて緩和ケアチームの一員として活動をしているようで、静岡県立こども病院には「ヨギ」がいます。ファシリティドッグに会ってみたい!
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示