世話になったな…

2018/04/04 Wed 16:32

 先日、往診中に「先生、以前は世話になったな」と声をかけていただけました。
昨年、入院中のご高齢の女性を、どうしても自宅で看取りたいからと依頼を受け、
ご自宅で看取らせていただいた方の息子さんでした。
息子さんは 「まだ、しょっちゅう、墓に行っている」とボソリとおっしゃられました。

「看取り先生の遺言」という本があります。
静岡県立総合病院に呼吸器外科を開き、その後故郷の東北で緩和ケアをなさった岡部健先生が、
自ら癌になられ、60歳で亡くなられました。岡部先生のお言葉の本がこの「看取り先生の遺言」です。
その中に次のような文章があります。
「長い間、緩和ケアという仕事をやってきていながら、いざ自分が癌患者に なってみると、どのように闇に降りていけばいいのか、その道しるべが全くないことに愕然としたのである。痛みをとる治療や心のケアや、生きる事ばかりで、死に逝く人の道しるべが無い。見送る先があってこそ緩和ケアなのに、闇に降りていく道しるべを示せなければ、本当の意味の緩和ケアなどできないのではないか。」

「道しるべ」
探していきたいです。
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示