森典子先生と石飛幸三先生

2018/03/05 Mon 22:16

 先日、静岡県立総合病院で『End of life careを考える会 ~自らのEnd of life lesson~』が開かれました。私が敬愛する同病院副院長の森典子先生とご一緒に「平穏死」で有名な石飛幸三先生をお招きいたしました。森先生と私は同じ腎臓内科医で、森先生には30年間、ご指導を受けています。森先生は全国的にもご高名な先生なのに、本当に親しみやすく、私の大好きな先生です。石飛先生は「平穏死」という言葉を提唱され(「平穏死」については石飛先生の御著書「平穏死のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか?」をどうぞお読みください)、NHKのテレビなどにもご出演されますので、ご存知の方も多いでしょう。私は4年前に石飛先生と初めてお会いした時に「私(遠藤)は、「平穏死」に共鳴はしますが、私自身が死ぬことが怖く、自分に「平穏死」を選択する覚悟ができていません」とお伝えしました。すると石飛先生は「遠藤君はもうすぐ50歳、私は80歳。君も私の年になればわかるよ。それまで色々あるよ」とおっしゃってくださいました。あれから4年経ちましたが、私はやはりまだ覚悟ができません。しかし、石飛先生の最近出された御本に「平穏死を受け入れるレッスン」というのがあります。その中で石飛先生は、私の大好きな星野富弘の詩を取り上げています。(星野富弘の「たんぽぽ」という詩からたんぽぽ診療所の名前が決まりました)
〈いのちが一番大切と思っていたころ
生きるのが苦しかった
いのちより大切なものがあると知った日
生きているのが嬉しかった〉
という詩ですが、さらに石飛先生の言葉が続きます。
「私は一人の人間として、いのちより大切なものに気づくことができました。わが人生に悔いなし、です。そしてまだ私の人生は続いています。」

これからの私(遠藤)のまた課題が示されました。
「いのちより大切なもの」…これを探求してまいります。

石飛先生の講演会の後、森先生の行きつけのお店で、石飛先生と森先生と県立総合病院の看護師さんと一緒に食事ができました。とても楽しいひと時でした。
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示