先日はある集まりでお話をさせていただきました。私がずっと診ていた方をその方の人生の最期までお付き合いさせていただいた話をいたしました。その方やご家族から「お預かりした大切なもの」をお伝えしました。それは「誰を看取り、誰に看取られるか」という事です。これは人生の長い年月をかけて考え培わねばならない事です。

「死を背景にしてこそ生の意味は鮮やかになる」
私が大変尊敬する神谷美恵子先生のお言葉です。また学び続けてまいります。
関連記事
講演・勉強会 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示