心の穴をそのままに

2017/11/21 Tue 23:06

 先日、オレンジカフェという認知症サポートカフェでお話をさせていただきました。そこで私が20年来主治医をつとめ、最期も看取らせていただいた方のお話をしました。長いお付き合いでしたので、亡くなられてから本当に献身的に看病された娘様の事が気になり、四十九日の頃、私からお手紙をお出ししました。娘様からのお返事に「どんな形になっても、母に生きていてほしかった。認知症で、寝たきりで、いつまでも生きながらえて可愛そうだと思う人は多いでしょうけども、私は母さんを ほんの一ミリでも、暖かい状態で触りたい。よく、母さんのベッドに並んで寝た。小さい母さんを抱っこした。頭をゴシゴシなでた。お返しに撫でてもらった。生きている頃から、暖かい思い出が増えるのは、後の寂しさを増やすことなんだな、思っていたけれど、母さんがいない寂しさだったら、いくら増えても全部抱えていってもいいな、と、思います。」と書かれていました。私はこの娘様のお手紙が忘れられなく、今回の講演会でも話しました。翌日、その娘様がお風邪で当院を受診されました。私は久々に娘様にお会いできて本当にうれしかったです。(お風邪をひかれた娘様は大変ですが…。)私が「昨日、以前頂戴したお手紙のお話をしたんですよ」とお伝えすると、娘様が「母を亡くして悲しみで心に穴があいてしまった…。1年くらいはその穴を埋めようとしたけれど、今はその穴があいたままで生きています…」と話されました。
〈悲しみは亡き人の訪れ〉
心の穴は「悲しみ」だと思います。「穴があいたまま生きる」、それは悲しみを大切に生きること。それは「亡き人」と共に生きること。
この方の主治医をつとめさせていただき、本当にありがとうございました。
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示