興津坐漁荘

2017/10/09 Mon 18:43

 連休、ちょっと時間があったので、息子と興津坐漁荘を訪れました。坐漁荘をご存知の方が多いと思いますが、明治の元老西園寺公望が大正8年に、興津清見寺町に建てた別荘で、現在は明治村に移築され、国の登録文化財として公開されています。静岡市がもとあった地にできる限り忠実に復元したものが興津にあります。私は以前からこの復元されたことを聞いていて、一度訪れたかったのですが、これが実現しました。実は、今から40年以上前、小学生の私を、私の亡き父が、明治村へ坐漁荘を見に連れて行ってくれたことを覚えています。さらに昭和3年清水生まれの父は、子供の頃、自転車でよく興津に坐漁荘を見に行ったそうです。(西園寺公望は昭和15年11月24日に坐漁荘で死去されています)
時間の流れ、歴史の流れ、その中で、自分の人生の流れを感じた瞬間でした。
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示