本当のコトバ

2017/06/17 Sat 22:36

「なんとか67歳の誕生日を迎えさせてやりたい」
がんの奥様を看病するご主人からお聞きできたお言葉です。66歳の奥様はがんの末期でした。病状がすぐれない中、私が往診した時、ご主人様が「明後日が(妻の)67歳の誕生日なんです。なんとか67歳の誕生日を迎えさせてやりたい」と、泣き崩れながらおっしゃりました。その後ご主人の嗚咽をお聞きしながら、私は一言も発することができませんでした。私は顔さえ上げることができませんでした。
「本当のコトバ」
口先だけでなく…、思ってもみない事でなく…、心の底からの叫び、コトバ…

その後奥様に最期の時が訪れてしまいました…

しばらくしてご主人様がたんぽぽ診療所においでくださりました。
「(がんの末期で亡くなることはわかっていても)もう少し生きていてほしかった…」
「本当のコトバ」
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示