沼野尚美先生

2017/05/21 Sun 07:21

 昨日は静岡サイコオンコロジー研究会が開かれました。私の大変尊敬する沼野尚美先生(宝塚市立病院 緩和ケア病棟チャプレン・カウンセラー)をお招きし、私も前座をさせていただきました。沼野先生は「人の心からの叫びに耳を傾けることのできる人」だと私は感じ入っています。その沼野先生の御著書から先生のお言葉を紹介しましょう。(私の前座の発表で使ったものです)
「共感する」ことほどむずかしいことはないと感じてきました。患者さん方が時々おっしゃる言葉があります。「がんになっていない人に、こんな気持ちがわかるはずがない」と。一生懸命病める方の心に寄り添ってと思っているときに、そう言われてがっかりしたことが何度もありました。しかし、ホスピスで勤務し始めてから25年がたち、患者さん方のあのお言葉は、本当の本音なんだと素直に受けとめられるようになりました。「末期がん患者になっていない者が、心に寄り添うこと、共感することが、決して簡単でないことを、肝に銘じる必要があります。」(「いのちと家族の絆」p95)
「死ぬかもしれない病に罹り、療養生活を送りはじめると、家族の大切さがわかります。体調の悪化とともに面会を制限する場合も、最期までそばにいてほしいのはやはり家族です。(中略)自分の死を目前にしてはっきり気づく大切なもの、それが家族です。普段からそれに気づいた生き方ができる人は幸いです。」(「生と死を抱きしめて」p42~44)
沼野先生のお言葉、本当に素敵です。また静岡にお招きしたいです。
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示