「ゆずり葉の季節」

2017/01/29 Sun 10:54

本日は劇団たんぽぽ様の「ゆずり葉の季節」のご案内です。
「たんぽぽ」というコトバが同じなのも嬉しいですが、劇団たんぽぽ様がこの「ゆずり葉の季節」にかける思いもとても素敵です。
以下劇団たんぽぽ様の言葉です。
「必要なものは、ただ一つ、本当にそうだと思います。
今回のお芝居である「ゆずり葉の季節」は、在宅医療、看取りをテーマにしておりますが、旅立っていく人たちが残していくもの、見送る人たちが受け継ぐもの、その大切さを伝えたいと思っております。」

たんぽぽ診療所の名前の由来、星野富弘さんの「たんぽぽ」の詩
「いつだったかきみたちが 空をとんで行くのを見たよ
風に吹かれて ただ一つのものを持って 旅する姿が うれしくてならなかったよ
人間だってどうしても 必要なものはただ一つ
私も余分なものを捨てれば 空がとべるような気がしたよ」

この詩にある「人間だってどうしても必要なものはただ一つ 」は死ぬ間際の人が教えてくれるような気がします。
ですから、私が緩和ケアをやっているのは、私が何か患者さんにしているのではなく、死に逝く人から、私が教わっているのです。
いま日本では年間130万人の人が亡くなっています。
その人の傍に、本気で寄り添ってくれる人(それはきっとその人を心から愛している人しかいないでしょう)が増えてくれることを願っています。
このために、劇団たんぽぽ様が、死ぬ逝く人から学ぶことの大切さを広めていただけると願っております。
詳しくはhttp://www.gekidan-tanpopo.com/info/index.htmlをご覧ください。
関連記事
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示