どう生きるか

2013/09/22 Sun 20:40

昨日「お彼岸」と題して日記を書きましたが、今朝、更に長く長く往診していた方が亡くなられました。昨夜は好きなお酒を飲まれて・・・。今朝、脈が弱くなっていく中で、「病院へ行こうか?」という問いかけに「いやこのまま家でいい」と答えられて・・・。昨日は「最期の物語という私の死を載せましたが、「死ぬ瞬間」という名著を書かれたエリザベス・キューブラ・ロス先生が「死は怖くない。死は人生でもっともすばらしい経験にもなりうる。そうなるかどうかは、その人がどう生きたかにかかっている。(「人生は廻る輪のように」p375)と書かれています。本日看取らせていただいた方にも、その穏やかな死に顔から「しっかり生きろよ」と教えられたような気がします。
〈死に逝く人の最期の物語を共に紡ぐことによって、自分の本当の物語がはじまる・・・〉
いかに生きればいいのか?学んでいきたいです。
関連記事
日記 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« 魂を入れる | HOME | お彼岸 »