魂を入れる

2013/10/20 Sun 20:40

昨日第25回静岡緩和ケア研究会が静岡赤十字病院外科の白石好先生が当番世話人のもと開かれました。白石先生が大変尊敬する青森県立中央病院緩和医療科部長の蘆野吉和先生がお出でくださり「地域での看取り・病院と地域との連携」と題してお話をくださいました。蘆野先生がこれまで歩まれた軌跡とこれからの医療介護体制のお話をしてくださりとても良い学びができました。またそのあと白石先生行きつけのお店で蘆野先生を囲んで楽しいひと時を持ちました。(その時の写真をギャラリーに掲載しました)その時蘆野先生が「(今後いろいろできてくる高齢者の施設に)魂を入れることが医師の役割」とおっしゃられました。深く胸に刻みたいお言葉です。来年度のこの静岡緩和ケア研究会の当番世話人を私遠藤がさせていただきます。医療介護関係の方、どうかふるってご参加ください。
関連記事
日記 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示