絶望の隣は希望です

2013/10/25 Fri 20:39

10/13アンパンマンの作者やなせたかしさんが亡くなられました。今から25年前研修医だった私は大好きな小児科研修を楽しんでいましたが、子供の心をつかむのに看護師さんからアンパンマンの歌を教えてもらいました。(私はアンパンマン世代ではなく歌を知りませんでした)♪そうだ恐れないで みんなのために♪ 勇気の鈴がリリンリン♪

思えば希望もありましたが不安も一杯の研修医であった私に、慰めを与えてくれた歌でした。もちろん子どもたちと仲良くなれたのは言うまでもありません。このアンパンマンの歌は東日本大震災でも被災した人々を支えた歌であったのも頷けます。今回やなせさんがご逝去されて、やなせさんのご本を読みました。その題名も「絶望の隣は希望です」と。もう駄目だと思った時、あなたの隣に光がある・・・。
関連記事
日記 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« 河津桜 | HOME | 魂を入れる »