連休最終日

2019/05/06 Mon 07:34

ゴールデンウィークの最終日、気持ちがブルーなのは私だけでしょうか?
「ああ…連休が終わってしまう…」と悲しんでいる方にお贈りします。
この休みに読んでいた本に、たまたま次のような文章を見つけました。

精一杯生きる日が 
もう一日
与えられているのとは、
なんと幸いなことだろう。

この文章を知ったのは、一昨日でしたので、本当に力づけられました。

この連休にお二人の病める方を看取らせていただきました。
この世を去るということは何と悲しい事でしょう。
(休みが終わるたびに悲しんで いる私は、いつも、この「この世を去る悲しみ」の予行練習をしているようです…)

私が尊敬する神谷美恵子の最期に近き日の詩を最後にご紹介します。

あまり生きる日の少なきを知れば、
人は一日一日を奇跡のようにいただく、
ありうべからざる生として
未分類 | コメント(0)

常世の花

2019/04/21 Sun 18:30

 今、若松英輔著「常世の花」を読んでいます。
石牟礼道子の「死民たちの春」という詩が紹介されています。

「死民たちの春」
ときじくの
かぐの木の実の花の香り立つ
わがふるさとの
春と夏のあいだに
もうひとつの季節がある

「ときじくの/かぐの木の実の花の香り立つ」とは、『古事記』に記されている彼方の世界「常世の国」にあって季節を問わず豊かな香りを放つ木の実を指す。亡き者たちの沈黙の声は、木の実の「香り」のように彼女(石牟礼道子)のもとを訪れていたのだろう。
(「常世の花」p25)

昨夜、ある方を看取りました。
娘さんの看病を受けながら、ご自宅で静かに生活をされていました。
「90歳になるから、もうこのままでいいです」と、次第に食べられなくなる状態でも穏やかに私の医療のすすめを断られました。
昨夜、「すーっと」本当に穏やかにこの世を去って逝かれました。

明けた今朝、静かな空気の中に
「春と夏のあいだのもうひとつの季節/亡き者たちの沈黙の声」を聴いたのは私だけでしょうか…
未分類 | コメント(0)

悲しみの空間(続編)

2019/03/24 Sun 21:46

 「死を生きた人びと」(小堀鷗一郎著)という本があります。ご自宅で小堀先生が看取りをされていく本ですが、その中で小堀先生が引用されている文章に「最期の別れに医者は邪魔だな」というコトバがあります。

先ほどある男性を看取りました。癌の末期で、奥様が本当によく看病されていました。看取りに往診した時、その奥様が悲しみの底に沈みながら、涙をひたすらこらえ、私やご親族に対応しているお姿が痛々しくてなりませんでした。

この前のブログで書いた「悲しみの空間」・・・考えさせられました。

今一度「生きがいについて」の文章を載せさせてください。

「周囲の人が死病にかかったり、死んだりしても、
よほど身近な人でないかぎり、軽くやりすごしてしまう。
葬式の後または通夜の席上、人々が思いのほか愉快そうに飲み食いし、
歓談する光景はそう珍しいものではない。

その中で、
故人の存在にすべてを賭けていた者は、
心の一番深い所に死の痛手を負い、
一人ひそかに呻き続ける。」

未分類 | コメント(0)

悲しみの空間

2019/03/24 Sun 12:43

 病いの人、看病するご家族、そして住み慣れた家までもが、「悲しみの空間」を醸し出している。いや「悲しみ」そのものになっているといつも往診をしながら感じています。
病院で看取りをしていたころは何かが違った。お医者さんも看護師さんも大勢いた。医療機械も整っていた。しかし「悲しみの空間」が違った。病いの人も、ご家族も、病院という他人の空間で「本当の悲しみ」を表出できずにいた。住み慣れた家の悲しみが無かった。
お医者さんも看護師さんも精一杯ケアしたが、ほかの患者さんに会えば、無理にでも笑顔を作らなけらばならなかった。何よりも、病いの人、そのご家族にとって人生の一大事が、病院では日常の出来事だった。
私の人生の書「生きがいについて」に次のような言葉があります。

「周囲の人が死病にかかったり、死んだりしても、
よほど身近な人でないかぎり、軽くやりすごしてしまう。
葬式の後または通夜の席上、人々が思いのほか愉快そうに飲み食いし、
歓談する光景はそう珍しいものではない。

その中で、
故人の存在にすべてを賭けていた者は、
心の一番深い所に死の痛手を負い、
一人ひそかに呻き続ける。」
         
未分類 | コメント(0)

山岡泰治先生

2019/03/15 Fri 22:07

 3月中旬となり卒業、進学の知らせがいろいろなところから届き、新たな道を歩み始める方々にエールを送っています。
そんな中、私が大変尊敬する、そして敬愛する浜松医科大学地域医療学講座の山岡泰治教授からこの3月で御退官されるお手紙をいただきました。山岡先生から昨年お会いした時にご定年であることはお聞きしていましたが、実際お手紙を拝読すると、何とも言えない気持ちに襲われました。山岡先生には地域医療を地域の人々ともに考えるというスタンスを教えていただき、また幾度も先生の主催の学びの会にお招きいただきました。そのたびに、深い知識・見識をお持ちの山岡先生が身を低くして私のようなものに接してくださる姿勢に敬服しておりました。またご年齢もちょうど私の兄のようなポジションで、兄貴分の先生と敬愛しておりました。幸い御退官後も静岡県にとどまってくださり、静岡県の地域医療を育む御活動をしてくださるとのこと。これからも山岡先生に学び続けてまいりたいです。
未分類 | コメント(0)
 | HOME | Next »